LINE@登録で「生理が来た時の心の対処法」動画をプレゼント!

プロフィール

いのちと性の本質案内人のvenusMINAKOです。

私は生まれつきの病気を持ってこの世に誕生し、それからというもの、常に私の人生には「生と死」というテーマがいつも傍にありました。

九死に一生、性的虐待、父親の自殺、結婚式の3日前に実家が台風被害で流される、離婚、不倫の末に未婚でシングルマザーに、、、などなど。

どういうわけか、人生の節目節目には必ずと言っていいほど、波瀾万丈な出来事が訪れ、その度に私はそれらを自分にとっての大切な学びだと取らえてきました。

なぜなら、私は幼いころから祖母に「美奈子はこの世で何かやるべき使命があって、生かされたんだよ」と言われ続けたからです。

私はずっと使命を探し続けました。

20代の頃は、ミス日本コンテスト入賞をきっかけに芸能界で細々とながら活動もしましたし、27歳で決断し単身渡米したNYの地では、初めての「今を生きてる感」というのも体感できました。

しかし、その後も30代半ばまで、その「私の使命」がなんなのか?はなかなか見つかりませんでした。

転職も沢山、沢山繰り返し、ありとあらゆる資格も取りました。

それでもなかなかやっぱり使命は見つかりません。

しかし、父の死をきっかけに、葬儀司会の道を歩んでいた頃、様々な年代の方々の様々な生き様、死に様を目にし、私の中で死生観が変わってきた頃、私は不妊治療を始めたのですが、その不妊治療中に、私はとても不思議でとても感動的な体験をしたのです。

それは、「子宮に地球が入ってくる」という体感であり、体験でした。

さらに、「私のお腹の中に地球が入りパンパンに膨れ上がっている」お腹の映像まで浮かび上がってくる、というなんとも不思議な体感だったのです。

でも、その時に私は確信しました。

「嗚呼、私の使命はこれだ!!このいのちの本質を伝えていくことなんだ!」と感じとったのです。全ての点と点が線で結びつきました。

私に起きた出来事も学んできたことも、乗り越えた壁も、チャレンジしてきたことも、すべては、「いのちの本質」や「性=生」を伝えていくためなんだ、ということが腑に落ちたのです。

これから私は、女性だけでなく、親子向けの性教育などにも力を入れていきます。

これからの未来を担う子供たちが、伸び伸びといのちを豊かに輝かせて生きられるようなサポートをしていきます。